i-papax’s blog

経済的自由を目指して、株主優待を楽しみつつ、国内外の高配当株に投資しています。(サラリーマン工学博士)

優待到着10月 株主優待の紹介 2590:ダイドーグループホールディングス 2020年

優待到着10月 株主優待の紹介

2590:ダイドーグループホールディングス 2020年

 ダイドーグループホールディングス(証券コード:2590)の株主優待を紹介致します。

 

f:id:i-papax:20201018003311j:plain

 

ダイドーグループホールディングスの株主優待には、株主優待品と長期保有の記念品があります。

 

株主優待品

対象:1単元(100株)以上、かつ、半年以上保有の株主

内容:同社グループ商品(6,000円相当)

f:id:i-papax:20201018092920p:plain


◇長期保有の記念品

対象:1単元(100株)以上を5年以上保有する株主
内容:記念品

f:id:i-papax:20201018093102p:plain

今回、紹介させていただくのはこちらの記念品になります。

 

長期保有株主の記念品

2020年10月14日に届きました。

1単元(100株)以上を5年以上保有する株主への記念品になります。会社のロゴが印刷された黒いピアノの様に重厚で光沢がある箱で届きました。

 

f:id:i-papax:20201018093335p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待‐長期保有記念品

 

箱は引き出しの様になっています。引き出しを開けると…

一番上に、「長期保有株主様へ」と記載のある封筒がはいっていました。

 

f:id:i-papax:20201018093910p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待‐長期保有記念品

 

 

 

封筒の下には、缶コーヒーが3本、ドリップコーヒーが3種類、白い箱と木の板の様なものが入っています!!

 

f:id:i-papax:20201018094042p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待‐長期保有記念品

 

3本の缶コーヒーは…

1. ダイドーブレンドコーヒーオリジナル(1975年発売)

2. ダイドーブレンドデミタス(1992年発売)

3. ダイドーブレンド世界一のバリスタ監修(2014年発売)

です。

f:id:i-papax:20201018094220p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待‐長期保有記念品

 

ドリップコーヒーは…

株主様限定ということで、同封の缶コーヒーに対応したものがそれぞれ5個づつ入っています。同封のお知らせによると、「同封の商品と飲み比べていただくことで、弊社の商品づくるへの ❝こだわり❞ を感じていただければ幸いです。」とのことです。

f:id:i-papax:20201018094717p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待‐長期保有記念品

 

木の様なものは…

DyDoのロゴ入りのコースターでした!!

〈材質〉天然木(ブナ材)

〈表面塗装の種類〉ウレタン塗装

f:id:i-papax:20201018095840p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待‐長期保有記念品

 

白い箱、その中身は?

マグカップでした!

f:id:i-papax:20201018100003p:plain
f:id:i-papax:20201018100037p:plain
ダイドーグループホールディングスの株主優待‐長期保有記念品

裏にはDyDoのロゴが入っています。
「百年使い続けていただけるものづくり」の思いのもと、職人が手作業でひとつひとつお作りした、とのことです。

f:id:i-papax:20201018100229p:plain

 

 

株価の推移

直近、2020年10月16日の終値は5180円でした。

今回の長期保有株主優待の対象となる2015年7月の終値も偶然ですが、5180円でした。

上場来高値は2018年3月5日の7120円なので、長期保有記念品を取得した方は、保有期間中に高い確率で30%以上のキャピタルゲインを得るチャンスがあったことになります。

 

f:id:i-papax:20201018100640p:plain

ダイドーグループホールディングスの株価の推移

 

むすび

ダイドーグループホールディングの株価は2020年10月16日の終値が5,180円でした。予想1株配当は60円のため、予想配当利回りは1.16%になります。予想PERは163.41倍、PBRは0.97倍です。

 

同社はコアビジネスである国内飲料事業において厳しい状況が続いています。事業の中心である自販機ビジネスの基盤強化の実現が業績改善の鍵になりそうです。


長期保有の株主優待品には、通常、味合うことができないと思われる同社缶コーヒーと同じ銘柄の株主限定のドリップコーヒーが入っており、プライスレスな価値を感じました(個人的な意見です)。
通常の株主優待にも魅力的なので、優待品を楽しみながら当面はホールドの予定です。

(投資は自己責任でお願いします)

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の動画はこちらになります👇 もし、宜しければご覧ください。
 


優待到着10月 株主優待の紹介 2590:ダイドーグループホールディングス 2020年