i-papax’s blog

経済的自由を目指して、株主優待を楽しみつつ、国内外の高配当株に投資しています。(サラリーマン工学博士)

権利確定11月 株主優待の紹介 2809:キユーピー 2020年

権利確定11月 株主優待の紹介 2809:キユーピー 2020年

 キユーピー株式会社(証券コード:2809)の株主優待を紹介致します。

 

f:id:i-papax:20201018225044j:plain

 

☆本年8月7日に株主優待制度の変更(拡充)を発表しています!

対象:変更前 1単元(100株)以上を3年以上継続保有の株主
   変更後 1単元(100株)以上を半年以上継続保有の株主

権利確定日:11月30日願い

優待内容:自社グループ商品詰め合わせ

贈呈時期:3月上旬ごろ

f:id:i-papax:20201018225236p:plain

 なお、株主優待の対象となる株式の保有期間が短くなっただけでなく、保有期間継続3年以上と所有株式数500~999株ではそれぞれ優待内容が拡充されています!

 

 

前回の株主優待は2020年2月29日に届いています。

内容はこちら👇 を参照して頂けると幸いです。

www.i-papax.com

 

株主優待を取得する条件は、1単元(100株)以上の株式の半年以上の継続保有です。

 

具体的には、5月31日と11月30日の株主名簿に連続2回以上、同一株主番号で記載されていることが必要になります。

 

つまり、この11月に1単元(100株)以上の株式を取得しても2021年3月贈呈の株主優待を得ることはできません。

 

来年の5月までに必要な株式を取得し、そのまま11月まで継続保有することで、2022年3月贈呈の株主優待は受け取ることができそうです。

 

株主優待制度の変更前は、3年以上の継続保有が必要だったことを考慮すると、かなり短時間になっているので、以前よりは株主優待の取得が狙いやすくなったと思います。

  

株価の推移

ここ1年の株価の推移を確認すると、株主優待制度の変更前には3年以上の継続保有が必要だったためなのか、権利確定日の前後で顕著な株価変動は無かったようにみえます。

もし仮に、株主優待を目的とした投資がなされるとすると、11月ではなく、来年の5月に向けて株価は上昇するかもしれません。ただし、配当を含めた総合利回りはそれほど高くはならないため、株主優待が株価に与える影響は大きくないかもしれません。

 

f:id:i-papax:20201018225913p:plain

 

むすび

キユーピーの株価は2020年10月16日の終値が2,192円でした。配当は第2四半期に20円、期末予想は20円で年間見込みが40円のため、配当利回り(予想)は1.8%になります。予想PERは40.74倍、PBRは1.33倍です。


このところ増配が続いていましたが、今期は前期に対し、創業100周年記念配当(5円)の剥落分、差が生じるとの予想です。


新型コロナウィルス感染拡大の影響もあり、同社の今期の業績予想は売り上げ5,300億円(Δ2.9%)、営業利益240億円(Δ25.1%)と減収減益の見込みです(%表示は対前期増減率)。

 

同社の株主優待品は、3年以上の継続保有でグレードアップすることもあり、業績の回復を待ちつつ、応援の気持ちも込めて、気長にホールドしようと思います。

(投資は自己責任でお願いします)

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の動画はこちらになります👇 もし、宜しければご覧ください。

 


権利確定11月 株主優待の紹介 キユーピー 2020年