i-papax’s blog

経済的自由を目指して、株主優待を楽しみつつ、国内外の高配当株に投資しています。(サラリーマン工学博士)

アサヒグループホールディングス 株主優待の紹介 2020年4月(株主限定プレミアムビール)

アサヒグループホールディングス 株主優待の紹介 2020年4月到着

(株主限定プレミアムビール)

アサヒグループホールディングス(証券コード:2502)の株主優待が到着しました。その内容を紹介します。

 

f:id:i-papax:20200425162955j:plain

対象

12月末時点で100株以上を保有する株主

優待内容

f:id:i-papax:20200425123123p:plain

前回は清涼飲料水・食品詰め合わせ(アサヒグループホールディングス 株主優待の紹介 2020年4月 - i-papax’s blog)でしたが、今回は、株主限定プレミアムビールを紹介します。

株主優待到着

 株主優待は2020年4月24日に届きました。側面に会社のロゴが印刷された厚紙でカバーされた状態(段ボール箱)で届きました。一目で同社だと分かります。 厚紙には取扱注意のシールが貼られており、輸送中のケアをドライバーの皆さんにお願いしています。優待品が無事に届くことを願ってのことですね。

 

f:id:i-papax:20200425145702j:plain

アサヒグループホールディングスの株主優待(外観)

 

 厚紙をはずすと、段ボール箱のおもて面に会社のロゴと優待品の内容が印刷されています。今回、紹介する優待品は100株以上500株未満の株主限定プレミアムビールになります。(清涼飲料水・食品の詰め合わせはこちらを参照ください→アサヒグループホールディングス 株主優待の紹介 2020年4月 - i-papax’s blog

 

f:id:i-papax:20200425145911j:plain

アサヒグループホールディングスの株主優待(段ボール箱)

 箱を開けると、2020年株主様限定プレミアムビール(350ml)が4本入っていました。

 

f:id:i-papax:20200425150238j:plain

アサヒグループホールディングスの株主優待(株主限定プレミアムビール)

株主限定プレミアムビールとは

 株主限定プレミアムビールとは、「株主の皆様のために特別に醸造した数量限定のプレミアムビール」とのことです。今回は、麦本来の濃厚な味わいが特徴で、同社最新醸造技術“旨み残し発酵”により、麦芽由来の濃厚な旨みを最大限に引き出すことに成功した、とのことです。

 

 過去にも頂いていますが、毎年、特徴の異なるプレミアムビールであり、缶のデザインも違うので、この時期の恒例の楽しみになっています。

 

f:id:i-papax:20200425150745j:plain
f:id:i-papax:20200425150750j:plain
f:id:i-papax:20200425150755j:plain
過去の株主限定プレミアムビール

 

今後について

 図にアサヒグループホールディングスの配当と連結配当性向を示します。2021年までに配当性向35%を目指した安定的な増配を実施する方針とのことで、ここ数年は増配が続いており、2020年の予想1株配当は106円、予想連結配当性向は34%です。同社の株価は2020年4月10日の終値で3,648円なので予想配当利回りは2.9%になります。

 

f:id:i-papax:20200425151325p:plain

図 アサヒグループホールディングスの配当と連結配当性向

 同社の2019年の業績は、国内の天候不順や為替影響などにより事業利益が3.8%の減益でした。 一方、2020年は各種の取り組みにより、2.6%の増益を目指すとのことです。

 なお、同社は4/24に「新型コロナウイルスへの対応方針とトップメッセージ」という、お知らせを出しています。その中で以下が述べられています。

  • 日本、欧州、豪州など同社が事業を展開する地域において、酒類の飲食店向け需要などが大きく減少している。
  • 各国で不確実性が高まるなか、現時点で業績への影響を見積もることは難しい。
  • 地域毎の現状分析や販売数量の減少に対する対応策など、第1四半期決算の発表を目途に適切な情報開示に努める。
  • 最適なキャッシュフローマネジメントにより財務健全性を確保し、現時点では、業績の変動に関わらず安定的な増配を目指していく方針である。

 新型コロナウイルスの影響の大きさは未だ未知数ですが、現時点では、予定通りに増配を進めるとのことで、力強さを感じます。

 優待品は非売品のため、実勢価格が分かりませんが、同社のプレミアムビールであるドライプレミアム豊醸の最安値(独自調査)が1本234円なので、概ね1,000円の価値はありそうです。優待品を1,000円に換算すると、配当を加えた総合利回りは3%を超えます。
 新型コロナウイルスの影響により業績悪化の懸念はありますが、何とかしてこの難局を乗り切って欲しいと思います。優待の限定プレミアムビールは毎年の楽しみとなっていることもあり、当面はホールドの予定です。

(投資は自己責任でお願いします)

 

 

この記事の動画はこちらになります👇 もし、宜しければご覧ください。

 


アサヒグループホールディングス 株主優待の紹介 2020年4月(限定プレミアムビール)

 

株主優待の開梱(開封)の動画(ASMR風)はこちらになります。👇 宜しければご覧ください。


ASMR風 アサヒグループホールディングス 株主優待開封 2020年 Unpacking Shareholder Benefits of Asahi Group Holdings, Ltd.

  

 

清涼飲料水・食品詰め合わせの動画はこちらになります↓ もし、宜しければご覧ください。

 


アサヒグループホールディングス 株主優待の紹介 2020年4月 (清涼飲料水、食品)